固定価格買取制度の仕組み

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」は、再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で買い取ることを国が約束する制度です。
電力会社が買い取る費用を電気をご利用の皆様から賦課金という形で集め、今はまだコストの高い再生可能エネルギーの導入を支えていきます。
この制度により、発電設備の高い建設コストも回収の見通しが立ちやすくなり、より普及が進みます。





買取価格・期間等

 【平成29年度の価格表(調達価格1kWh当たり)】
 太陽光(余剰)   10kW未満  
 余剰買取  ダブル発電・余剰買取
 出力制御対応機器
設置義務あり
 出力制御対応機器
設置義務あり
 調達価格  30円 27円 
 調達期間  10年間   10年間
 ※九州電力管内の価格になります。
 
 太陽光(全量)  10kW以上
 調達価格  21円+税
 調達期間 20年間
 


買取価格は地域ごとに一定ですか? 
買取価格は、全国一律です。 


買取価格は地域ごとに一定ですか? 
太陽光発電システムの導入年度によって買取価格は低減していきます。
導入年度の価格で10年間買取を続けます。(10年間の買取価格は変わりません。)


買取価格はどのように決まりますか? 
買取価格については、太陽光発電システムの普及状況やシステム価格の動向を見ながら毎年見直しを行っていきます。

 
お気軽にご相談ください。

taiyoukouhatudenn jituseki

ページの上部に戻る

  お問い合わせフォームちこちら   




お気軽にご相談お問い合わせください。

シュミレーション・見積り依頼今日のエコ始めよう!!特約店募集太陽館施工実績写真館

省エネエコのご相談はむこちらから

ハロー!環境技術