カナダの厳しい積雪にも耐えるよう設計されたカナディアン・ソーラーのモジュール強度は、JIS規格2400Paの2倍以上、5400Pa。
耐久性に非常に優れています。 
 
                                      ページの上部に戻る
 
・ カナディアン・ソーラーの強み 
   


より高効率で、長期間使用が可能なモジュールを提供するELPS(Efficient, Long-term, Photovoltaic
Solution)は、太陽電池の集光能力を高めたカナディアン・ソーラー独自の技術です。
集光率の向上により、光が少ない場所や朝夕、曇天時でもしっかり発電する高パフォーマンスを
実現します。
  
 
メタルラップスルー技術[Metal Wrap Through( MWT)]は、従来はモジュールの表面にかかっていたバスバーを、セルの後ろに通すようにした技術です。
このメタルラップスルー技術により、最大3%の集光率アップ、結果最大10%の発電量アップを達成しました。
   
 

4本バスバーモジュールはフィンガー電極からの伝送距離を短縮し、抵抗ロスを低減しています。
セル変換効率とモジュール変換効率アップを実現しています。  
 
モジュールは数々の厳しい耐性試験をクリア 


国際的品質基準のもとで生産・管理
  
 
 
 ・ カナディアン・ソーラーの強み
 

カナディアン・ソーラーは、シリコンインゴッドから、ウェハー、セル、モジュール、システムまでを一貫生産する太陽電池の専業メーカー
です。高い技術力と信頼性で高効率な太陽光発電システムを求める世界中のお客様に選ばれています。
※©NPD Solarbuzz, February 2014
   
お子様の世代まで安心して太陽光発電をご利用いただくために、システム全体(モニタ、昇圧機は除く)に10年間、太陽光電池モジュ
ールについては25年間の出力を保証しています。
また、これらの保証は欧米の優良保険会社によってバックされています。
    

一貫生産体制による、高いコストパフォーマンスも魅力の一つです。日本国内においては、住宅用太陽光発電設置累計棟数48,000棟
を達成※。また、高い技術力とコストメリットから世界各地の大規模プロジェクトに選ばれています。
※2013年12月時点
 
 

 
 
 お客様の有用な土地活用をご支援する
 
 
                                      ページの上部に戻る
 
   
 サンガーデンは、細部に渡るこだわりと、パッケージングによるコスト圧縮により、
お客様の有用な土地活用をご支援します。
 
   太陽光パネル
 
高性能多結晶モジュールCS6P-255Pを採用し、
コストパフォーマンスを追求
高性能多結晶モジュールCS6P-255Pを採用し、コストパフォーマンスを追求 
  
   パワーコンディショナ
 
機器スペックの無駄が無く自由度のある設計を実現
自然空冷と高い防塵防水レベルで屋外に最適

サンガーデンのパワーコンディショナは、多様なパッケージバリエーションに対応した屋外使用で信頼と実績のあるメーカーの製品です。軽量・コンパクト設計で架台に直接設置できるため、無駄なコストを省けます。 

  
   接続ケーブル
 
Y分岐コネクタを用いた高い施工性
電気的ロスの少ない最短のケーブリング設計

Y分岐コネクタで接続箱の代用をすることにより、①接続箱設置工数のゼロ化、②耐候性の向上、③部材コストの低減することができます。また、徹底したシステム設計により、ストリングス端部からパワーコンディショナまでのケーブリングを1.5mに短縮し、電気的ロスを最小化しています。

  
   架台
 
上場建材メーカーの設計による堅牢で優れた耐候性
純正の基礎杭で工期短縮

野立型のシステムは、架台が肝。日本の気候風土をよく知る建材メーカーが作った架台を採用しており、安心してご利用いただけます。オプションとして純正のスパイラル式基礎杭もご用意しています。コンクリート基礎に比べて短期での施工が可能です。

  
 
 
事例1
山梨県北杜市 株式会社市民ソーラー

ひとりひとりの力で、クリーンで安全な電気を導入

 
 

事例2
ノースカロライナ州パーソン郡
ソーラーパーク

カナディアン・ソーラーの生態系にやさしいモジュール設置でスーパーグリーンソーラーパネル活動を実施

 
                                      ページの上部に戻る
 

    
太陽光発電を提案するカナディアン・ソーラー・ジャパン 詳しくはこちら ⇒ http://canadiansolar.co.jp/

 
 お気軽にご相談お問い合わせください。

 
 

  メールでのお問い合わせ

                                      ページの上部に戻る